受付時間

めまい

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 頭がフラつく
  • 立ちくらみがする
  • 周りがグルグル回転しているように感じる
  • 目がかすんでフラッとする
  • 周りが激しく回転して吐気がする事がある

眩暈(めまい)とは|さとう整骨院・整体院

眩暈(めまい)は西洋医学では、「平衡機能の反射系が障害され、自分が運動していないのに運動しているように感じる異常感覚で、結果として姿勢の統御が困難になる事が多い症状」と定義されています。

症状には様々なものがあります。

① 回転性めまい:周囲または自分がぐるぐる回る、揺れる、傾くなどの回転感、傾斜、昇降感。

② 浮遊性めまい:身体がふらつく、船に乗った感じという漠然とした浮遊感。

③ black-out:目の前が暗くなる感じ、立ちくらみ感

因みに東洋医学では、眩暈を頭暈・暝眩とも言います。

「眩」とは目がかすむこと、「暈」とは頭がふらつき、物が動いて見えて乗り物に乗っているような感じを指します。

つまり眩暈とは目の前が暗くなったり霞んだりするのに伴って頭がくらくらすることです。

激しいときには周囲が回転しているように感じて立っている事が出来ず、悪心嘔吐し倒れる事もあります。

眩暈の原因|さとう整骨院・整体院

整形外科では、眩暈をきたす疾患を以下のように分類しています。

① 抹消前庭性めまい:内耳(三半規管、耳石)、前庭神経などの末梢器官に原因があるもの。

→ メニエール病、良性発作性頭位めまい、突発性発難聴など

② 中枢性めまい:脊髄、脳幹、小脳、視床、大脳皮質などの中枢器官に原因があるもの。 

→ 小脳疾患、聴神経腫瘍、多発性硬化症など

③ 失神性めまい:循環器系の異常などにより中枢器官の血流低下により起こるもの。

→ 心不全、起立性低血圧、高血圧症、不整脈、血管迷走神経反射、貧血

東洋医学での見解(弁証分類)は以下です。

  • ①痰濁中阻:暴飲暴食などによって消化機能が低下し、水分代謝に異常をきたして起こるもの。

  • ②肝火上炎:イライラすると悪化、ストレスや過度な緊張が続くなどして起こるもの。

  • ③瘀血阻絡:頭部外傷などによって循環が滞り起こるもの。

  • ④肝陽化風:体質や持病で体液が不足していたり、血液が不足する事によって起こるもの。

  • ⑤脾気虚:過労による消耗や胃腸が弱い体質でエネルギーが不足して起こるもの。

  • ⑥心脾両虚:悩み事や仕事で頭を使い過ぎたりする事で心身が疲労したり、大病や大出血などで疲弊して起こるもの。
  • ⑦腎精不足:先天的に身体が弱かったり、過労などによって体力が消耗する事によって起こるもの。

当院の施術|さとう整骨院・整体院

当院では眩暈に対してアキュスコープによる経穴治療を行います。

アキュスコープの開発には東洋研究がベースにあり、鍼治療とお灸治療を合わせたような特別な治療効果があります。

治療するポイントとしては以下のようなものがあります。

① 痰濁中阻→脾兪、中脘、公孫、三里など

② 肝火上炎→筋縮、行間、百会など

③ 瘀血阻絡→三陰交、足臨泣など

④ 肝陽化風→太衝、曲泉、天枢など

⑤ 脾気虚→脾兪、太白、足三里など

⑥ 心脾両虚→神門+公孫、下脘など

⑦ 腎精不足→腎兪、照海、太谿など

※実際の臨床では、虚証(身体が弱って起こるもの)は少なく、痰濁や肝火、瘀血など実証(要らないものが溜まっていたり滞っていたりするもの)が殆どです。

詳しくは「当院の施術」をご覧ください。 

渋谷区 代々木上原でめまいにお悩みの方は、さとう整骨院・整体院にご相談ください。

お問い合わせ

さとう整骨院・整体院 03-3468-6622

住所
〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町10-3-101
アクセス
営団地下鉄千代田線
小田急電鉄小田急線
代々木上原駅東口より徒歩3分

受付時間

HOME

アクセス・料金

患者様の声

当院のかかり方

よくあるご質問

  • スタッフブログ

交通事故メニュー

  • 【受付時間】
    平日:10:00~13:00 / 15:30~20:00
    土曜:10:00~12:30 / 14:00~17:00
    ※休診:水曜・日曜・祝日
  • 【住所】
    〒151-0062
    東京都渋谷区元代々木町10-3-101
  • 【電話番号】
    03-3468-6622
  • 【さとう整骨院へのアクセス】
    都営地下鉄千代田線・小田急電鉄小田急線 代々木上原駅東口より徒歩3分